版画は僕のことば

石村嘉成

特別展のお知らせ
2019年1月6日(日)~3月18日(月)
岡山県高梁市 高梁市歴史美術館

親の想い

出来ないことを数えてもしょうがない。

目を合わさない。呼びかけに反応しない。あやしても笑わない。
こだわりが強い。すぐパニックを起こす。パニックを起こしたら泣き叫ぶ、暴れる。
わざとどこにでも頭をぶつける。コミュニケーションが全くとれない。

そんな幼児でした。それでも少しでも生かせる能力があると信じて、
療育(トレーニング)をしてきました。

母親は、「嘉成は大人になっても、誰かのお世話なしでは生活できないかもしれない。
だから人に大事にしてもらえる子、人に好かれる子になってもらいたい。」と一生懸命育てました。

しかし療育は三歩進んで二歩下がり、二歩進んで三歩下がりの繰り返しで、
なかなか効果は見えて来ません。そんな中でも、どんどん年齢を重ねていきます。
周りのお友達は目に見えて成長していきます。

母親も少しの喜びと大きなストレスの繰り返しです。
それでも厳しく療育してきた甲斐あってか今のところ彼は周りの優しい人に恵まれています。
しかし一番大切な母親を亡くしました。

今はたくさんの方々に支えられて版画をしていくことができています。
彼女は息子の将来を決して諦めてはいけない、投げだしてはいけないと教えてくれました。

そして彼は版画と出会うことによって、人に認められるという喜びを知り、それが生きる自信に繋がりました。
一生かけて取り組めるやり甲斐のあることが見つかって本当に良かったと思っています。

石村和徳